取扱商品|名古屋の高品質コーヒー豆、卸売りはコーヒー卸専門店「オークコーヒー」


取扱商品

コーヒー卸専門店「オークコーヒー」 >> 取扱商品 >> スラウェシ ママサ (Sulawesi Mamasa)

スラウェシ ママサ (Sulawesi Mamasa)

インドネシアのコーヒーというと、あまり知らないという人でも『マンデリン』なら知っているという人は多いと思います。『マンデリン』はインドネシアのスマトラ島で栽培されています。
1690年代にオランダ軍によりアラビカ種がジャワ島に持ち込まれたのがきっかけだと言われています。1830年頃にはジャワ島でプランテーションが行われ、スマトラ島の西海岸でも同じコーヒー栽培が始まりました。
『幻のコーヒーふたたび』
かつてヨーロッパで評判であったこの地のコーヒーも第2次世界大戦による動乱で農園が放棄されるままとなり、戦後しばらくは「幻のコーヒー」とも呼ばれていました。しかし戦後独立したインドネシア政府は民間の会社に委託して農園を復興。かつての名品をよみがえらせることに成功しました。

 

  • スラウェシ ママサ (Sulawesi Mamasa)
  • スラウェシ ママサ (Sulawesi Mamasa)
  • スラウェシ ママサ (Sulawesi Mamasa)