【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーのダージリン紅茶の収穫


  • mixiチェック

ダージリン紅茶の収穫

■2016/01/30 ダージリン紅茶の収穫
ダージリン紅茶の収穫
【ファーストフラッシュ(1番摘み)】
3月中旬〜4月中旬に、休眠後の最初に芽吹いた茶葉で作られる紅茶です。ダージリンの春は優しい雨とともに訪れます。暖かな日差しを受けて眠っていた茶葉は、柔らかな新芽で覆われます。
芽吹いた小さな茶葉を一つ一つていねいに手で摘んだこの時期の紅茶には、浅緑色の葉が多く混じっています。グリニッシュと呼ばれるさわやかで若々しい香りがあり、口に含むと、ほのかな渋味と、緑茶のようなまろやかな旨味が広がります。色は、水色の薄いオレンジ色をしています。

【セカンドフレッシュ(二番摘み)】
5〜6月に2回目に芽伸びする茶葉で作られる紅茶で、日照条件もよく気温も上がり、気候の安定した茶樹の生育に適した時期になります。真綿のような濃い霧に包まれた茶葉は、味、香り、水色のバランスのよい最も充実した時期を迎えます。
茶葉の外観は、ファーストよりも濃い褐色になり、撚り(より)も整ってきます。特に良質なものは、『マスカテルフレーバー(マスカットに似た芳香と木質系の香りが混じった)があり、すっきりした渋味とコクが増して、キレのある味わいと後味の良さが特徴です。色は、水色に琥珀がかかった少し濃いめのオレンジ色で、凛とした優雅な品格を感じさせてくれる逸品です。

【オータムナル(秋積茶)】
9月下旬〜11月初旬にかけて摘み取ります。7月〜8月にかけての雨季の後、茶園からカンチェンジュンガの頂をくっきりと望むことができるようになると、少量ながら良質の茶葉の出来る季節を迎えます。秋の訪れを感じさせる乾いた風味は、この時期ならではのものです。渋味は優しくなり、深く穏やかな味わいになって、水色は赤みを帯びたオレンジ色になります。
11月の中旬になると、カンチェンジュンガから吹きおろす風は、日ごとに冷たさを増し、気温も低くなるため、茶樹は休眠期を迎えます。
http://www.ork-coffee.com/item.html#c


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆