【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーのコーヒーと健康について


  • mixiチェック

コーヒーと健康について

■2017/05/22 コーヒーと健康について
コーヒーと健康について
【肝臓への負担】
健康な人であれば問題はありませんが、肝機能が低下しているときは注意したほうが良いでしょう。肝臓には身体に必要な物質を作り出す役割と、不要なものを排出しやすい形に処理する働きがあります。コーヒーに微量含まれているたんぱく質や周防は身体に吸収さえれますが、カフェインだけは肝臓で処理利されるため、肝機能が低下しているときにコーヒーを飲み過ぎると、肝臓に負担がかかってしまうので、医師から肝機能の低下を指摘されたら、コーヒーを控えたほうが良いでしょう。
【妊娠中は飲まないほうが良い?】
コーヒーと健康についてさまざまな研究・調査をしているイギリス・コーヒー化学情報センターによると、コーヒー好きの母親の子供に流産。早産、未熟児、奇形児が多かったという報告はありませんし、赤ちゃんから満7歳児の知能指数の調査でも全く異常は見られませんでした。また一杯のコーヒーに含まれているカフェインの量はごくわずかで、母親がコーヒー好きな場合、飲まないでストレスがたまるほうが、胎児に悪影響を及ばすことになり、飲み過ぎないように上手にコーヒーを制限したりカフェインレスコーヒーや軽めのコーヒー、カフェ・オ・レなどがおすすめです。
【コーヒは1日何杯位まで?】
胃酸の分泌の悪い人や反対に分泌の良すぎる人が空腹時にコーヒーを飲むと、タンニンの刺激を受けて胃腸の粘膜を傷め、胃がもたれる感じがすることがありますが、その刺激をやわらげるためには、空腹時NOコーヒーは、カフェ・オ・レにするか、クラッカーやカステラなどと一緒に楽しむのが良いとされています。ビスケットやカステラは胃の中でコーヒーを吸収してくれるので、タンニンから胃壁を保護してくれているのです。ただし、油を使用しているクッキーやパイ、ケーキなどにはその効果がありません。1日に飲んでもよい量は、体質や健康状態によっても変わりますが、健康状態が良好であれば特に杯数を制限する必要はありませんが、美味しく飲める量のコーヒーを、ゆっくり味わって楽しめることがリラックスできることにつながります。
http://www.ork-coffee.com/archives/1580/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆