【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーの自宅カフェで楽しくなるコーヒーの飲み方


コーヒー卸専門店「オークコーヒー」 >> 店長の部屋 >> 自宅カフェで楽しくなるコーヒーの飲み方
  • mixiチェック

自宅カフェで楽しくなるコーヒーの飲み方

■2017/11/21 自宅カフェで楽しくなるコーヒーの飲み方
自宅カフェで楽しくなるコーヒーの飲み方
自宅で楽しむおうちカフェ、自由なスタイルで飲むのがもちろん一番ですが、せっかく心を込めて淹れたコーヒーは、美味しく味わいたいものです。その一番のポイントは、淹れたてのコーヒーを冷めないうちに飲むという事です。時間が経ったコーヒーは冷めてしまうだけでなく、酸化が進んで風味も落ちてしまうことがあります。
《カップは有銭で温めておく》
コーヒーの飲み頃は65~75℃といわれています。時間が経つと、温度が下がるとともに風味が落ちてしまいます。せっかく淹れたてのコーヒーも、冷たいコーヒーカップに注いだのではすぐに冷めてしまって台無しになってしまいます。より長い時間、温かいままのコーヒーを楽しむためにも、コーヒーを注ぐ前にコーヒーカップを湯煎して温めておくことが大切です。コーヒーカップも底の厚いものは保温力があり、冷めにくいという利点があります。コーヒーカップに注ぐ量は、砂糖やミルクを入れることを考慮して8分目位を目安にして、飲む量だけを淹れて冷めないうちに飲むというのが、最も美味しい飲み方です。
《まずはブラックで楽しむ》
心を込めて入れたコーヒーは、先ず温かいうちに一口ブラックで味見、きちんと豆を選び、丁寧に抽出されたコーヒーは香りも味も格別。苦味を感じたら砂糖を、次に酸味を感じたらミルクを加えて味を整えてまろやかさを出します。
《砂糖やミルクにもこだわる》
砂糖にもいろいろな種類がありますが、コーヒーに入れる場合は、料理などに使用する上白糖は甘味が濃厚なうえ、吸湿性が高いので不向きと言えるでしょう。暖かいコーヒーならサラサラとして扱いやすいグラニュー糖やザラメ糖が最適です。最近では形の不ぞろいな角砂糖(フレンチシュガー)やコーヒーシュガーなどといったものにも人気があります。冷たいコーヒーには、シュガーシロップなどを一般的ですが、ハチミツ等を使用してもまた、違ったアイスコーヒーが楽しめます。 ミルクを入れる場合は、新鮮な生クリームが最適です。軽いコーヒーなら植物性、濃いコーヒーなら動物性のクリームが合います。牛乳を入れる場合は、低脂肪のものはさけた方が、酸味が押さえられて、コクが増すことができます。
http://www.ork-coffee.com/archives/461/
http://www.ork-coffee.com/archives/339/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆