【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーのお茶の種類とグレード[その1]


コーヒー卸専門店「オークコーヒー」 >> 店長の部屋 >> お茶の種類とグレード[その1]
  • mixiチェック

お茶の種類とグレード[その1]

■2018/09/19 お茶の種類とグレード[その1]
お茶の種類とグレード[その1]
【お茶の種類】
植物としての茶葉は、ツバキ属の常緑樹である「カメリア・シネンシス」というたった1種類の木です。 お茶はこの1種類の木の葉を、どのように酸化発酵させるかによって変化し、紅茶や緑茶、烏龍茶として、それぞれの地域の人々に愛される飲み物になっていきました。
お茶は、茶葉の酸化発酵のさせ方によって、次の6タイプに分類されます。
[緑茶(不酸化発酵茶)]
ビタミン豊富でフレッシュな香りが特徴の緑茶
生茶に熱を加えて酸化発酵を止め、揉んだ後乾燥させて作ります。中国や日本で大量に生産されています。日本の緑茶は、摘み取った茶葉を上記で蒸す『蒸し茶』ですが、日本以外の地域では一般的に、鉄製の釜の底を火で加熱しその中に茶葉を入れて酸化発酵を止める『釜炒り茶』が生産されています。
インドやスリランカでも少量ですが、緑茶も生産されています。
白茶(軽酸化発酵茶)]
製法も茶葉の外観もナチュラルな白茶
摘み取った茶葉をそのまま放置すると、お茶は自然に酸化発酵します。その性質をそのまま製茶工程に起用したのが白茶です。摘み取った茶葉を天日と風邪で自然萎凋(イチョウ)させ、酸化発酵を促進し、ほいろに紙を敷き低温で軽く揉みながら乾燥します。現在白茶を製造しているのは、中国とインド・ダージリン地方の一部の農園のみで、市場に出回っている種類はあまり多くはありません。
[黄茶(軽酸化発酵茶)]
種類も生産量も少なく、珍しい黄茶
緑茶の製造工程に悶黄という工程が加わり、摘み取った茶葉を萎凋し、130度前後の高温で酸化発酵を止め、揉捻して、熱を加え水分を取り除きながら茶葉を乾燥、一旦風などで冷まし、再び低温で釜炒りし、その後紙に包み木箱に入れ堆積放置し、軽く後発酵させます。最後に乾燥を行います。黄茶を生産しているのは中国のみで、その種類も極めて少なく貴重なお茶です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆