【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーのスリランカの紅茶


  • mixiチェック

スリランカの紅茶

■2018/10/08 スリランカの紅茶
スリランカの紅茶
スリランカの古い呼び名はセイロン、スリランカの紅茶とは、セイロンティーのことで、インドに次いで世界第2位の生産量を誇ります。そして、世界三大銘茶の一つUva(ウヴァ)などの良質な紅茶の産地です。
【Uva(ウヴァ)】
甘い香りとキレが世界三大銘茶の一つ
世界三大銘茶の一つ、ウヴァはスリランカの中央山脈の東側で栽培されているハイグロウンティー(高地散茶)、バラのような香りと心地よい渋みが特徴で、ミルクティーに向いているので、イギリスでは人気の高い紅茶です。クオリティーシーズンは8~9月で、クオリティーシーズンはストレートで、爽やかな刺激が美味、それ以外のシーズンはミルクティーがおススメです。
【Dimbula(ディンブラ)】
安定した品質の紅茶を生み出す産地
ディンブラの紅茶は、マイルドでありながら力強いフレイバーがあり、ブリスクと表現される爽快感のある渋さを持っています。香り、味ともバランスがとれていて、毎日飲んでも飽きません。スリランカ山岳部のミディアムグロウンからハイグロウンにかけて栽培されています。紅茶が苦手な人にもおススメの飲みやすい紅茶で、ミルクティーやブレンドティー、ハーブとの相性も良い。
【Nuwala Eliya(ヌワラエリア)】
濃厚ながら心地よい香りと渋み
スリランカの紅茶産地の中で最高地にあるヌワラエリア、避暑地とあって、日中の気温こそ20~25℃ですが、朝夕刊5~15℃に、この温度差が渋みを育成するのに役立ち、ヌワラエリア茶独特の濃厚で刺激的な味を決定づけています。スリランカの紅茶の中では、芳香が強いのも特徴の一つです。フルーツや花にたとえられる甘い香りが特徴で、強い渋味は快い刺激となって、意外に飲みやすい紅茶です。
<+MSL FOOTE
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆