【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーのインドネシアのコーヒー


  • mixiチェック

インドネシアのコーヒー

■2018/11/19 インドネシアのコーヒー
インドネシアのコーヒー
【世界でも評価の高い豆が多い】
インドネシアではスマトラ島をはじめ、ジャワ島、スラウェシ島、バリ島などでコーヒーの栽培が行われており、全生産量の90%以上が小規模の農園です。栽培の大多数がカネフォラ種(ロブスタ)であるのが特徴です。これは、1860年代に起きたさび病の発生によって壊滅的な打撃を被ったため、病害虫に強いカネフォラ種(ロブスタ)に植え替えられたことによります。しかし、アラビカ種の生産にも力を入れて、インドネシアのコーヒーの代表品種であるマンデリンは、スマトラ島のアチュ州を中心に栽培されています。一般的にスマトラ島のアラビカ種がマンデリンと呼ばれていて、スペシャルティコーヒーとしても高く評価されています。
今回はマンデリン以外のアラビカ種を紹介します。
《セレベス島・アラビカ》
セレベス アラビカの故郷であるタナ・トラジャ県の「タナ・トラジャ」は〖山の人の国〗を意味し、その名の示す通り標高1,000~2,000mの山岳地帯で栽培されていて、積み出し港のマカッサルから330km以上も離れた”秘境”と言われるところです。
"トラジャ”の名で有名なこの地域のコーヒーは、第二次世界大戦前はオランダ王室ご用達の高級なコーヒーでした。しかし、戦後にインドネシアが独立し、オランダ人が追放されてからコーヒー産業は徐々に衰退し定期、長い間『幻のコーヒー』と言われてきました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆