【愛知県名古屋市】コーヒー豆の卸売り | オークコーヒーのコーヒー産業に貢献した日本人移民


コーヒー卸専門店「オークコーヒー」 >> 店長の部屋 >> コーヒー産業に貢献した日本人移民
  • mixiチェック

コーヒー産業に貢献した日本人移民

■2019/02/11 コーヒー産業に貢献した日本人移民
コーヒー産業に貢献した日本人移民
ブラジルは現在、コーヒー豆の生産量世界第一位で、世界の約1/3を生産しています。その発展を支えたのは、1908年に笠戸丸でブラジルへ渡った日本人移民でした。ブラジルと日本は、コーヒーを通じて切っても切れない縁で繋がっているのです。
ブラジルのコーヒーの歴史は1727年、フランス領ギアナから種と苗木が持ち込まれ、北部のパラ州に植えられたのが始まりとされています。コーヒーの生育に適した土壌や気候、その上奴隷制度で多くの労働力が確保出来たため、コーヒーはブラジルの重要な産業として成長しました。しかし、1888年に奴隷制度が廃止され、コーヒー栽培は一気に人手不足に陥り、その危機を救ったのが、1908年以降ブラジルに渡った多くの日本人移民でした。コーヒー栽培に従事した日本人は、移民の約8割を占めたとも言われています。厳しい労働条件にも関わらす、勤勉に働く日本人移民はコーヒー生産力アップに大きく貢献したのです。
【格付け評価
ブラジルで栽培されている品種は、アラビカ種のブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ、ムンドノーボが主流ですが、新しい品種開発も盛んに行われています。精製法は、ナチュラルが一般的ですが、大規模農園の中にはウォッシュドで行っている所もあります。ブラジルの面積は日本の23倍という広さで、国内では約50~60億本のコーヒーの木が育てられていて、気候は地域によって様々で、生産地の環境がコーヒーの味わいに特徴をもたらしています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
オークコーヒー
http://www.ork-coffee.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市西区市場木町5
TEL:052-504-1466
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/snCA2v
Twitter:http://goo.gl/a38rMT
mixi:http://goo.gl/t9ZCFq
ameblo:http://goo.gl/bfprXF
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆